国道看板写真集
国道看板写真一覧に戻る
23号の終点は伊勢神宮の内宮の駐車場ロータリ入口までとなっている。看板もしっかり終点をを主張している。
(三重県伊勢市伊勢神宮内宮駐車場入口)
別の視点でみた写真。右側が駐車場ロータリの入口となっており、ロータリ中央部には大きな植木が植えられいる。
この写真はまったく反対側に視点を向けたものです。ここから豊橋まで国道23号は続くのです。しかし国道23号は特殊で左隅にあるkmポスト標識を注目してください。距離表示がおかしいのです。
このkmポスト標識は70.9kmと書かれています。国道23号は愛知県豊橋市まで続くのですが、全長距離は177kmあるはずです。実はこの距離は四日市市塩浜までの距離を指しています。今では国道23号は豊橋からここ伊勢神宮内宮までですが、古くは国道23号は四日市市塩浜から伊勢神宮までの間を指しており四日市市から豊橋市までは後に23号として延長されたのです。 しかしkmポスト表示はこの区分が現在でも有効となっておりこのような表示となっているのです。で四日市~豊橋までの間のkmポスト表示はどうなっているのかというとすべて東京からのkm換算となっています。実際に四日市市塩浜から名古屋方面に行くとそこで現れるkm表示は396kmとなっています。これからも23号の豊橋市から四日市市塩浜の国道25号起点部までは国道1号のパイパスとして考えてるのです。
国道看板写真一覧に戻る