国道看板写真集
国道看板写真一覧に戻る
【国道437号】:松山市起点→[海上区間]→屋代島(周防大島町)玖珂町終点
国道437号は愛媛県松山市から海上区間を経て屋代島である周防大島町を経由し山口県玖珂町まで続く海上国道です。松山港から屋代島方面へはフェリーも運航されており国道フェリーという形で完全国道直結にて横断することが可能です。また屋代島(周防大島)から本州までは海峡横断橋があるため道路としては寸断されずそのまま玖珂町まで走行することができます。 起点である松山市では中央二丁目交差点から始まります。一応国道189号との交点からとなっていますが、ここの国道189号はバイパスであって現在は寸断状態であるため国道437号も他の国道とそのまま直結してない変わった起点地点となっています。
(愛媛県松山市中央二丁目交差点→地図情報
交差点の奥側から国道437号が開始されます。
しばらく前進すると最初の右折案内がやってきます。松山市内の国道437号は右左折を繰り返しながら港まで誘導されます。
地図情報
次は左折です。看板に従って進行する。
地図情報
左折後スグに右折です。港に向かうには必ずしもここを右折する必要はなく大抵の車はそのまま直進して突き当りを右折するルートを選択する。
地図情報
右折して進むと道路は強制的に左へと誘導され上記の道路に出て港に到着。右前方の赤色のゲートがフェリーの乗船口になります。国道区間は前方の横断歩道までと推測されます。
地図情報
その横断歩道がこの写真の手前です。別の角度からみれば松山港のフェリー乗り場まで国道437号は直結しています。ここから屋代島へ横断して四国を脱出し山口県側の周防大島町伊保田へ向かうことが可能です。但し便数は少なく一日4便で5m未満8020円で航海時間は約1時間1分で予約必須となっています。ここからのフェリーでは周防大島方面ではなく本州大陸にある山口県柳井市柳井港への便が主流でこちらは24時間運行で一日18便あります。(運賃:5m未満11500円で航海時間約2時間30分)
国道看板写真一覧に戻る