国道看板写真集
国道看板写真一覧に戻る
国道198号は門司港から門司区桟橋通り交差点(国道3号交点)まで続く全長わずか600m弱しかない港国道で3番目に全長距離が短い国道です。国道198号は自動的に国道199号に直結しているために実際にどこが国道198号起点スポットであるのかは関連標識がないために現地で確実に判断することは不可能です。ただ正式な地点は不明ではあるものの終点位置と全長距離からの逆算、そして他の港国道との共通点から想定し私は写真の小さなT字交差点であると判断しました。もし相違があっても若干写真の交差点より手前側の港湾庁舎前の道路上であるのは間違いないでしょう。 (福岡県北九州市門司区港湾合同庁舎前交差点→地図情報
国道198号を300mほど進むと門司港駅の角の交差点に到着し右折します。この周辺は観光客スポットでもあります。レトロの街門司港の中心地点です。信号機の右側には港公園があります。
地図情報
右折した時の風景です。右手が門司港駅で前方の先に見える青看板がある交差点が国道3号との交点で国道198号の終点となります。
終点部を反対方向から見た写真です。左右が国道3号。前方より先が国道198号。
(北九州市門司区桟橋通り交差点→地図情報
国道3号を下り方面かた青看板。右折が国道198号なのですが、残念ながら全く国道198号であることが併記されていないのは残念でなりません。
但し脇にはおにぎり標識でちゃんと国道198号が右側にあることだけは主張してくれています。
国道198号のメインシンボルである門司港駅です。駅として唯一の国の重要文化財としても指定されているそうです。
門司港全景を上空から見た風景です。めかり公園から撮影したものです。
地図全体情報
国道看板写真一覧に戻る