国道看板写真集
国道看板写真一覧に戻る
国道507号の紹介なのになぜいきなり国道331号の看板なのか?と思われるかもしれませんが、国道507号の起点は国道331号との重複区間だからというのが理由です。現地では残念ながら507号起点であることを示す看板類は全くありません。

国道507号は全長26.5kmの国道ですが、そのうち国道331号との重複区間が12.6km、国道329号及び国道330号との重複区間が3.9kmを含んでいますので507号単独として存在する区間距離は10kmほどとなっています。本ページでは重複区間を含めた全線紹介となっています。
(沖縄県糸満市糸満ロータリー前交差点→地図情報

この何気ない距離表示は明治橋(奥武山公園)から続く国道331号が11.7kmポイントが国道507号の起点であることをここで示しているのかもしれせん。
上段の写真の全体写真です。ちょうど小さいさなロータリー交差点の部分に設置してあります。
更に交差点全体を撮影した全景です。距離表示がある部分は手前の信号機の下あたりにあります。
国道331号との重複区間12.6km走るとようやく507号という数字を拝見することができます。「具志頭」は「gushichan」と呼ぶ。
(沖縄県具志頭村具志頭交差点→地図情報
具志頭交差点を507号分岐部の全景です。左右が国道331号で前方から507号単独区間となります。
国道507号単独区間を5kmほど走行すると507号バイパスとの分岐交差点に差し掛かる。左が現道方面で右折すると那覇空港自動車道のインター、南風原南インター入口方面となります。ちなみにこの交差点は将来周辺が改修されいずれ道路も拡張し整備されると思われます。
(沖縄県東風平町字屋宜原→地図情報
参考までに国道507号バイパスは現在途中で寸断されている全体風景を紹介しておきます。南風原南インター入口交差点を越えて300mほど進んだ地点で行き止まりです。2008年以降に開通するものと思われます。その頃再び同じ地に私が訪問するかは不明です。
(沖縄県南風原町字津嘉山→地図情報
道路を横断している陸橋は那覇空港自動車道の有料区間を終了した自動車専用道路としての一般国道506号となっている区間道路です。国道おにぎり看板を集めている人は国道506号が欲しいところでしょうが、探してみても残念ながら国道506号を表示した現地看板は見当たりませんでした。
(沖縄県島尻郡南風原町字津嘉山国道506号陸橋下→地図情報
更に進むと国道329号との交差点となり国道507号単独区間はこの交差点で終了となります。国道507号はこの交差点(国場:こくば交差点)を国道329号左折し空港方面に向かいます。
(沖縄県那覇市国場交差点→地図情報
国道329号側から見た国道507号分岐看板写真です。
国道329号は途中更に国道330号との重複区間を経て国道58号との交点、旭橋交差点を左折し明治橋方面に曲がります。もちろんこの区間で国道507号を示す看板などは一切存在しない。本州では最近重複区間は積極的に同時表示いわゆるだんご形式看板となっていますが、ここ沖縄でも近い将来、重複国道は同時表示へと変更してもらいたいと切望する。
(沖縄県那覇市旭橋交差点→地図情報
旭橋交差点を左折し、明治橋を横断したところでめでたく終点を迎える。
(沖縄県那覇市明治橋南詰→地図情報
国道看板写真一覧に戻る