国道58号の旅
国道58号の魅力
国道58号とは、鹿児島市中央公民館前交差点から沖縄(明治橋交差点)まで続く国道である。 ところが実際は鹿児島から沖縄までの間は膨大な海が存在しており当然陸続きに車でそのまま走ることはできない。では国道58号はどんな国道なのか? 実際に走行してみましたので詳しく紹介します。

区間距離 総合距離 区間名称 地域
0.0km 0.0km 鹿児島県鹿児島市中央公民館前鹿児島市エリア
0.7km 0.7km 鹿児島県鹿児島市鹿児島港
(海上区間)
0.0km 0.7km 鹿児島県西之表市西町種子島エリア
49.7km 50.4km 鹿児島県南種子町島間港
(海上区間)
0.0km 50.4km 鹿児島県笠利町赤木名交差点奄美大島エリア
72.7km 123.1km 鹿児島県瀬戸内町古仁屋港入口交差点
(海上区間)
0.0km 123.1km 沖縄県国頭村字奥沖縄本島エリア
125.0km 248.1km 沖縄県那覇市明治橋
国道58号は一大ロマン
国道58号はご覧のとおり全線走るためには鹿児島市内、種子島、奄美大島、沖縄本島にそれぞれ道路が存在しており、全部走行するには各島々に存在する国道58号を走行する必要がある。普通の国道マニアならマニアックな国道を追求したり、旧道を探してみたりといったことが多いでしょうが、私のように主幹線国道全線制覇を目的(1桁2桁国道完全制覇)としたものからしてみれば、国道58号のような島々を渡っている国道は一大ロマンなのである。これらを実行するには膨大な予算と事前準備、そして時間がかかります(私は4年)。おそらく国道58号をただ全線走りたいという目的だけでそれぞれの島々すべて制覇するような考えをもった私のような人はおそらく全国探してもほとんどいないでしょう。

マイカー走行とカーフェリー
本来ならすべての島々へマイカーで行くのが本筋ですが、奄美大島だけ飛行機+レンタカーとなってしまいました。ただいずれ奄美ももう一回行きたいと思っているしその時はフェリーでマイカー上陸したいと思っています。また国道58号は各島々へ航路区間として海の上を道路として設定されていますが、残念ながらすべての島を国道58号と完全に平行してフェリーは運航していません。フェリーの航路としては鹿児島港~種子島及び鹿児島港~奄美~沖縄航路となっており、種子島~奄美航路はありません。したがって一度に国道58号を巡回、制覇することは不可能であり、鹿児島→種子島、鹿児島→奄美大島→沖縄港と順序を追うしか方法がないのは少々残念です。

このページ「国道58号の旅」では観光スポットを中心に紹介するページではありません。道路という主点でそれぞれの国道58号の風景を紹介していきます。