国道58号の旅
鹿児島市編
(鹿児島市中央公民館前~鹿児島市泉町交差点越:区間距離 0.7km)
鹿児島市の中心部である中央公民館前から鹿児島港へ向かって泉町交差点を超えた次の交差点までの700mという極めて短いながらしっかりと国道58号は存在する。
国道58号起点(中央公民館前)
国道58号の始まりはすべてここから。多分国道のことを知らない人では、まさか58号がこの先の鹿児島港から海を渡って沖縄まで続く国道と思うのだろうか?何はともあれ国道58号はすべてここから始まる。

鹿児島市内国道58号終点(泉町交差点すぎ10m先)
中央公民館から始まった国道58号も700mもしたら早々と鹿児島市内における区間は終了。走行時間にして多めに見ても5分程度である。希望をいえばこのまま鹿児島港直前まで続いてほしかったが、残念ながらここから鹿児島港 の直前は県道となる。 鹿児島港へはこの看板どおりにかごしま水族館方面へいく。つまり国道58号が終了してもそのまま直進し、道路が自動的に左へ曲がり、曲がった先のT字路を右折することとなる。このT字を右折すると次の看板が目に入る。

鹿児島埠頭入り口フェリー乗り場案内看板
かごしま水族館の周りにフェリー乗り場がある。ここから種子島、屋久島、沖縄航路の3系統が出航している。車で国道58号の続きを走行するのであれば「種子屋久」と書いてある乗り場方面へ向かうこととなる。 看板にある「P」マークはフェリー乗り場向けの駐車場と水族館目的の駐車場が兼用だが、フェリー乗船待ちであるのなら、乗り場へ直接チケットを取って入場する。

種子島行フェリー
若干見づらいかもしれないが、向こう正面にある船が種子島航路向けのフェリーである。乗用車は25台程度乗船できる。一日一往復だが、お盆などの繁忙期では臨時便で一日2往復となる 場合もある。 この先は種子島の西之表港まで続く。 車の乗船ではなく人のみであればフェリーでなく、超高速船である「トッピー」を利用する方が時間も早く本数も多い。

屋久島行フェリー
神秘の島「屋久島」へも種子島行き乗り場の隣に位置している。こちらも一日一往復運行である。 屋久島へのマイカーで上陸作戦には、この鹿児島港と種子島からの2つしかない。ただ国道58号とは関係ない島ではあるが、一度はゆっくり行ってみたい場所である。
国道58号の旅/鹿児島市編/種子島編/奄美大島編/沖縄本島編//route58/okinawa