国道58号の旅
沖縄本島編
(沖縄県国頭村字奥~沖縄県那覇市明治橋:区間距離 125.0km)

国道58号のフィナーレを飾る沖縄本島。もちろん沖縄本島内においてこの国道は中心となる国道で沖縄県民の人で走ったことがない人はほぼゼロに近いだろう。島の南部は市街地を通っており渋滞のメッカであり、名護市より北側は山と海が奏でる美しい海岸線が続く。

国道58号起点
沖縄本島における国道58号の起点となるのがこの場所。あくまでも国道58号の起点は鹿児島だが標識では島内にも起点として設定されている。

辺戸岬
沖縄本島の最北端にある岬。観光スポットしても有名。国道58号からちょっとだけ脱線すると断崖絶壁になっている絶景が広がる。島北部を堪能できる。 写真はこの辺戸岬のシンボルとなる石造。

本島北部海岸線道路風景
国道58号は名護市を境に北部と南部とでは道路風景にも別の顔がある。美しい海岸線はこの北部になる。

島中部道路風景
地図上の位置よりもっと北部に属し実は名護市内の道路風景だが、このあたりは片側2車線で実に走りやすい。 ついついアクセルを踏みたくなってしまう。そしてわき見運転にも気をつけたい。

海中道路ロードパーク
沖縄で道路といえばこの海中道路。国道58号とは全く関係ないが、本島と平安座島とを海上にある道路で両サイドに海が広がる。 もし沖縄へドライブ目的で訪れたなら絶対に行こう!絶景の連続だ。パトカーに気をつけながらアクセル全開爆走ドライブだ!

沖縄新港

沖縄の海の玄関口。沖縄港が市街地側にあるが、長距離フェリーや貨物は今はすべてこの新港に集中している。私が利用したのもこの港。

国道58号終点(明治橋)
鹿児島市から続く国道58号の終点。残念ながら終点と明記した看板は一切なかった。右側の写真の中央分離帯にある石造が境界点。58号はこのポイントより奥側からであり、手前はsize="3">国道331、332号の重複区間となっている。

那覇空港と瀬長島
ご存知、空の玄関那覇空港とその空港の離陸状況が良くみえる無人島瀬長島からの飛行機離陸状況を捉えた写真。飛行機が好きならこの無人島へ行こう。無人島といっても陸続きで行くことができる。一日この島で飛行機を眺めるのもまた良し。

平和の塔
島南部は戦後を祭るスポットが多いが、この平和の塔もそのひとつ。島の際南端部にあるこの場所は農道の中を突き進んで到着するが、こちらも観光スポットとなっている。

平和祈念公園
第二次世界大戦の日本国内で唯一行われた地上戦はこの沖縄という土地。そんな沖縄戦で戦死した人たち米国人含め全員に対し慰霊碑が設置してある。
国道58号の旅/鹿児島市編/種子島編/奄美大島編/沖縄本島編