国道58号の旅
種子島編
(鹿児島県西之表市西町~鹿児島県南種子町島間港:区間距離 49.7km)
鹿児島市から続く国道58号の種子島内の起点は西之表市の西之表港の傍である名称もない交差点から始まり、そこから南下から南種子町にある島間港の海の直前まで続いている。国道としてはこの先、奄美大島へ続くのだが島間港から出航しているフェリーは屋久島行きのみであり、残念ながら種子島から直接奄美大島へ行く手段はない。

西之表港
鹿児島港から出航するフェリーはこの西之表港に到着する。この港は種子島の海の入り口なのである。写真はフェリーが着岸してないのだが、この岸にフェリーやトッピーが到着する。

国道58号種子島内起点
左の写真が種子島内の国道58号の起点となる。車があるところからスタート。 特に目立った交差点でない非常のマイナーな場所だ。国道マニアでない限りわざわざここには来ないだろう。 この道路を100m程度走ると西之表港入り口の交差点に差し掛かり右側の写真が初めて青看板による告知となる。

種子島海岸線道路風景
西之表市からしばらく南下すると国道58号は海岸線を走ることとなる。天気がよければ思わず写真を取りたくなるような南国らしい景色が飛び込んでくる。 種子島にきて国道を快適に走っている雰囲気を最も味わえる区間がこの場所ではないだろうか? ちなみにこの脇はずっと砂浜海岸で、私はこの近辺で海に眼鏡を流してしまったという忘れられない思い出?の場所となった。

種子島空港
国道58号から若干脱線するが、ここが種子島の空の玄関である種子島空港である。当然といえば当然だがローカル色をかもし出している。 この空港からは大阪(伊丹)と鹿児島空港の2路線が運行している。ちなみに鹿児島空港へは距離も非常に短いのだが運賃は非常に高くあまりお勧めできない。だから地元の人も鹿児島へは時間が掛かってでも船で行くのだろう。船の方が空港と違って市街地に近いという理由もある。

種子島内陸部道路
この周辺は若干標高が高くなっている場所だが、国道58号の脇にある小高い丘に登るとこれまた素晴らしい風景が目に入る。 しかも交通量もほとんどなく国道を独り占めしている気分にもなる。

国道58号種子島終点近郊の看板とその交差点全景
種子島の南部にある国道58号の終点付近の看板写真とその全景交差点。とにかく港関係者以外はほとんど人もいない静かな町並み。 おそらく夜間になると全く照明もなく真っ暗になると予想される。

国道58号 島間港内終点
上段の写真と反対方向の写真がこちら。国道58号はこの写真の海の直前のアスファルト部のT字までとなっている。 こちらも国道マニアで起終点部にこだわる変わり者でない限りどうでも良い場所ではありますが、この海の直前まで車を走らせなければ国道58号を完走したとはいえないのである。実にマニアックなスポットだ。

種子島宇宙センター前道路風景
国道からはかなり外れた場所でもあるので、国道紹介ページとしてはふさわしくない写真なのだが道路という主眼を置くと紹介してもいい実に素晴らしい風景だと思う。 道路としては国道ではないのだが、種子島宇宙センター(NASDA)内の道路であるので、もしかしたら国が管理していう道路なのかも?(謎)

種子島南部海岸風景
種子島宇宙センターの傍にある海岸。こちらも国道ネタとはあまりにもかけ離れた写真だが・・・汗。天気も快晴であったことも起因しているが、国内にこんなにきれいな海岸があったのか?と思うほどきれいである。こんな海と人の少なさを目の前にするとなんだか湘南やその他の混雑しゴミゴミと汚い海に入りたいとは全く思わなくなる。そして心も体もおおらかになる海岸だ。
国道58号の旅/鹿児島市編/種子島編/奄美大島編/沖縄本島編